グローブ合同会社

代表 加藤 浩司

1960年生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業後、大手電機メーカーに入社し、法人営業、新規事業を担当。

米国ビジネススクールでMBA取得後、37歳の時、独立して、日本発ベンチャー育成のために、起業支援専門のコンサルティング会社を立ち上げる。その後、米国保険会社、米国金融情報会社にて、マーケティング戦略担当ディレクターとして、新規事業の立ち上げを成功させる。

自身の長男を事故で亡くしたことを契機に、52歳の時、仙台に移住。東日本大震災の被災者の心のケアの活動に従事しながら、東北大学大学院で、死生学、宗教学を学学び、曹洞宗の禅とマインドフルネスに出会う。

2018年、ゴールドラット・コンサルティング日本支部の岸良(きしら)CEOと出会い、「働き方改革」により、「月曜日が楽しくなる会社にしよう」という企業理念に感銘を受け、同社のコンサルタントとなり、国内自動車メーカー等を担当し、短期間で開発部門の生産性向上に貢献し実績を上げる。

2021年より、働き方改革をより広く日本中で推進すべく、グローブ合同会社代表として、チームマネジメントメソッドの普及に取り組んでいる。

現在は、企業研修講師、ビジネスコンサルタント(生産性向上、イノベーション)、エグゼクティブ・コーチ

米国ペンシルバニア大学ウォートン経営大学院MBA

東北大学大学院文学研究科(宗教学専攻)修士

英検1級

出版・メディア

電子書籍新刊2021年12月発売

取り扱いサービス

  • 企業向け人材開発研修
  • 新事業、新商品サービスのためのイノベーション・ワークショップ実施 
  • 経営者向けエグゼクティブ・コーチ
  • セミナー、講演等の開催

お問い合わせは、こちらからどうぞ。